ビーグレンはどんな美白化粧水?

ビーグレンの美白化粧水を解析!

ビーグレンは世界に通用する浸透テクノロジーで美白効果と速効性を上げた化粧水です。

 

化粧水のみならずすべてのライン化粧品に世界特許のQuSome(浸透テクノロジー)を採用しています。
つまり、配合されている全有効成分の浸透力が非常に強いと言えます。

 

ここで浸透テクノロジーQuSomeの特徴をあげてみましょう。

浸透力は通常の10倍

QuSomeはヒトの皮膚細胞膜に似た構造を持っているため、
肌になじみやすく、通常の成分よりも約10倍の浸透力を発揮します。

 

効果を出すまでの時間を1/2に縮小

水溶性・油溶性両方の美肌成分を包み込むカプセルのため、
肌の層で妨害を受けずスムーズに届けることが出来ます。

 

有効成分を損なわず届ける

超微粒子のカプセルの中は酸化の影響を受けません。
有効成分を劣化させることなく届けます。

 

少量で高い効果を維持する

有効成分を角質層、表皮層、真皮層にピンポイントで届けるため、
無駄な接触がなく少量で十分な効果を発揮します。

 

美白成分の肌負担を1/4カット

成分を的確に届けるので、血管への流入がなくなります。
これによって副作用が起こる確率を大幅にカットしています。

ビーグレンが美白化粧水として人気の理由は?

実はビーグレンQuSomeホワイトローションは

2015年4月に発売されたばかりのリニューアル化粧水です。

 

リニューアルされたばかりでも美白化粧水人気ランキング3位にランクインした理由は、リニューアル前に爆発的な人気があったからにほかなりません。

 

 

ちなみに以前からもQuSomeテクノロジーを使った浸透力が売りでしたが、
強めの美白効果に肌荒れを起こすケースも見られています。

 

今回は不安定だった安全性も見なおされ、改善に至っているようです。
まだリニューアル後の口コミが十分に揃っていない状態ですが、
利用者の満足度さえ高ければランキング1位に輝く可能性も十分ある化粧水でしょう。

 

ビーグレンはラインで使用すると美白効果が倍増する

化粧水QuSomeホワイトローションに配合されている美白成分は
QuSomeビタミンC誘導体です。

 

これ一つでも速効性のあるメラニン生成の抑制力がありますが、
美容液やクリームに配合されているQuSomeアルブチンやQuSomeハイドロキノン
併せて使用することで今あるしみに対しても有効な美白ケアになります。

 

トライアルセットではこの3つのライン化粧品とあわせて、
紫外線トラブルに強い肌を作る成分QuSomeエイジリカバーコンプレックスを配合した
保湿クリームの4アイテムをお試しすることが出来ます。

 

肌に合わなくても365日間の返金制度がありますし、
浸透力の違いを体感したい方はチェックしてみると良いかもしれませんね。