美白になる食べ物

美白になる食べ物は抗酸化作用のある食べ物

美白になる食べ物、と聞こえは良いですが速効性もなければ持続性も食べるのをやめるとなくなってしまいます。ただし、シミやくすみを作る原因の一つでもある老化、つまり肌の活性酸素を抑えてくれる抗酸化作用のある食べ物なので特に紫外線の多い季節になる1ヶ月前にはとり続けておきたいものです。

 

美白になる食べ物その1 ビタミンA(βカロチン)

ニンジン、かぼちゃ、小松菜、ほうれん草、ニラ

美白になる食べ物その2 ビタミンC

赤ピーマン、パセリ、にがうり、キウイフルーツ、レモン、イチゴ

美白になる食べ物その3 ビタミンE

いくら、たらこ、うなぎ、かぼちゃ、植物油、ナッツ類

美白になる食べ物その4 ポリフェノール

赤ワイン、ココア、さつまいも、緑茶、そば、黒ゴマ

 

紫外線からの老化のしくみ

紫外線を浴びると、肌内の活性酸素が活発になり、肌のいたるところで酸化(サビ)を起こします。シミやシワ等の老化現象を促進する原因となってしまい肌の代謝も悪くなってしまいます。

 

酸化は化粧品の他にもサプリでも防ぐことは可能ですが、毎日食べるものにも気を使い、いろんな要素から抗酸化できる体を作っておきましょう。

 

ビタミンCは排出されやすい?

抗酸化に有効な成分ビタミンC、化粧品ではビタミンC誘導体として活躍してくれますが、誘導体のないビタミンCだと体内に取り入れてもほとんどが尿として排出されやすい成分です。

 

そのため、食事から摂る場合はビタミンCが体外に出てしまう前に次のビタミンCを取り入れる。つまりこまめに食事の中にビタミンC成分のものを入れ続ける必要があるということです。

 

 

 

日焼けの時期になると予防効果もあるという美白になる食べ物。化粧水などの基礎化粧品と合わせて積極的に生活習慣に取り入れるようにすることで、その効果も増していきます。ただし、ナッツ類などは食べ過ぎると体に異常をきたしてしまう場合もあります。メインは野菜からとるようにするのが理想的ですね。

 

悩み別美白化粧水ランキング | あなたのはどんな美白をかなえたい?

しみ消し美白化粧水ランキング
保湿美白化粧水ランキング


エイジングケア美白化粧水ランキング
日焼け美白化粧水ランキング


くすみ美白化粧水ランキング
敏感肌美白化粧水ランキング