美白対策化粧品

美白対策化粧品とは?美白ってどこまでの範囲?

最近あまりにも美白という言葉が定着してきていますが美白対策化粧品とはどのようなことを言うのでしょうか?そもそも美白の根拠はどのようなものなのでしょうか?

 

美白という言葉で縛ってしまうとわけがわからなくなるので、肌のシミやくすみをなくす効果という観点から考えてみました!

 

美白成分というジャンルは大きく分けて2種類が存在します。

 

紫外線を受けて生成されるメラニンを抑制する予防型

いわゆる未来のシミやくすみを予防する効果です。

 

ほとんどの美白対策化粧品に含まれている美白成分は予防型の成分なのが現状です。

 

通常、できてしまったメラニンシミは肌のターンオーバーで徐々に体外に排除されるのですが、
そこまで待たずにそもそものメラニンを作らせない目的の成分を美白成分というジャンルに当てはめていました。

 

肌のターンオーバーを促すだけの目的であれば美白成分よりも保湿成分を多く占める化粧水が有効です。ただし、ターンオーバーのデメリットはシミが出来てしまった上での排出を待たなければいけないこと。そして、年令を重ねるごとに徐々に排出が遅くなってしまうことです。

 

ターンオーバーは出来てしまったシミを排出する役割を持つ

  デメリットは排出までの我慢と加齢による衰え

 

予防型美白成分はシミが出来ないようにする役割をもつ

  デメリットは体感しづらいこと

ターンオーバーの促進は美白にかぎらずアンチエイジング全般に影響を与えます。保湿は常に意識した上でスキンケアをしましょう。美白化粧水人気ランキングでランクインしている化粧水は保湿成分と美白成分の両方を補えるものです。

 

いずれにしろ、できてしまったシミは排出されるのを待つしかないの?と思うかもしれませんが、美白成分にはもうひとつの種類があります。

 

すでに出来てしまったメラニンシミを漂白する漂白型

いわゆる過去から現在に出来たシミやくすみを薄くする効果です。

 

昔の日本ではありえなかったことです。みなさんはどちらかと言えば美白はできてしまったシミを漂白する成分のことを思い浮かべるのではないでしょうか。もちろん成分は存在しますが、限られています。それがハイドロキノンです。

 

シミを消す唯一の成分 | ハイドロキノン

 

予防型の美白成分とは異なり、すでに生成されてしまったシミに対してアタックして薄くする成分です。取り扱いが難しく、よほどの専門家でなければ浸透力を高めることが出来ない成分でしたが、時代は進み、最近では化粧水にも配合できるほど成分を進化しています。

 

 

漂白型美白成分はメラニンシミを漂白する役割を持つ

 

漂白型を配合した美白対策化粧品は特に貴重

科学的に言えばシミを薄く出来る成分は他にも存在します。

 

ただし、実際の使用感では全然効果が無かったという目に見えないほどの変化で終わるケースが多いようです。

 

 

その中でもハイドロキノンは目に見える変化を感じることが出来る貴重な成分だと言えます。過去に疑いを持たれていた副作用なども試験を重ねてより安全性を増しています。

 

美白化粧水人気ランキングインの根拠とは?

現在安定性の不確かなハイドロキノンが出回っていますが、確認できる限りではアンプルール化粧水、ラグジュアリーホワイトローションAOは安定型ハイドロキノンを配合しているただひとつの化粧水です。

 

美白成分も実際の愛用者の使用感も優れている化粧水。
これが美白化粧水人気ランキングインの理由です。

悩み別美白化粧水ランキング | あなたのはどんな美白をかなえたい?

しみ消し美白化粧水ランキング
保湿美白化粧水ランキング


エイジングケア美白化粧水ランキング
日焼け美白化粧水ランキング


くすみ美白化粧水ランキング
敏感肌美白化粧水ランキング