日焼け止め 選び方

美白には必須!日焼け止めで抑えたい3つの豆知識

紫外線を浴びる段階でブロックできる日焼け止めはとても心強いものです。

紫外線をブロックできれば、美白ケアは格段に楽になります。

 

ではどんな日焼け止めを選べばいいのでしょうか?3つのポイントに沿って紹介していきます。

 

SPF値とPA値の基準を知る!
紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違いを知る!
UVカット効果よりも肌負担の少なさで選ぶ!

【ポイント1】SPF値とPA値の基準を知る!

SPF値

PA値

【何に効く?】
刺激と火照りの炎症

【何に効く?】

シミやくすみ

【特徴】

高いほど長時間ブロック

【特徴】

高いほど効果UP

【最大値】

50+

【最大値】
++++


ここで注目するのはSPF値は高ければ効果UPではないこと!UVブロック時間が延びるだけでどの数値も効果は同じです。

 

一方PA値は+が多いほど、シミやくすみに対して高い効果を発揮します。真皮層のコラーゲン破壊を防ぐことも出来るのでしわやたるみにも有効ですね。

 

SPF値もPA値も高いほどお肌への負担は大きくなります。最近では肌負担を抑えた日焼け止めも浸透してきましたが…

 

基本的に「SPF/PAが高いだけ」で判断して日焼け止めを選ぶのは危険です。

【ポイント2】紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違いを知る!

紫外線吸収剤

紫外線散乱剤

【属性】
ケミカル

【属性】

ノンケミカル

【メリット】

白浮きしにくい
伸びやすい
水分で落ちにくい

【メリット】

負担が少ない
効果が長続きしやすい

【デメリット】

負担が大きい
効果が切れやすい

【デメリット】
白浮きしやすい
水分で落ちやすい
重い使用感


使用感なら紫外線吸収剤、お肌への配慮なら紫外線散乱剤

 

簡単にまとめるとこんな感じですね♪

 

上の図はこれまでの一般的な日焼け止めの特徴ですが、最近では両方のメリットを持ち合わせた紫外線散乱剤も開発されています。

 

商品の説明をよーく確認することが賢い日焼け止めの選び方です♪

【ポイント3】UVカット効果よりも肌負担の少なさで選ぶ!

例えば使用感や日焼け止め効果を優先して「SPF50+/PA++++の紫外線吸収剤」を使い続けると…

 

紫外線は防げても肌老化はどんどん促進されます。
※肌負担を抑える特別な処方がされている日焼け止めを除く。

 

落ちにくい紫外線吸収剤をクレンジングで落とすことにより、潤いも削られていきます。お肌の酸化が活発になり、結局シミやくすみ、さらにしわやたるみなども誘発してしまいます…

 

日本の紫外線を防ぐ場合、夏場炎天下のレジャーやスポーツ以外であれば、高くてもSPF〜25、PA〜++くらいあれば十分効果が期待できます。

 

使用感優先で紫外線吸収剤を選ぶ場合でも、この数値を目安にして極力お肌への負担を減らしてくださいね♪

 

最後に…どんなに強い日焼け止めでも100%の紫外線を防ぐのは不可能です。
受けてしまった紫外線をメラニン色素にさせない美白化粧水もしっかりと補っていきましょう。

悩み別美白化粧水ランキング | あなたのはどんな美白をかなえたい?

しみ消し美白化粧水ランキング
保湿美白化粧水ランキング


エイジングケア美白化粧水ランキング
日焼け美白化粧水ランキング


くすみ美白化粧水ランキング
敏感肌美白化粧水ランキング